MENU

自動車の下取りと買取りの時に必要な書類

自動車の下取りとは、販売店で自動車の購入代金の値引きとして自動車を引き取ってもらえる自動車を販売する為の仕組みです。

 

その仕組みとは別に、自動車の購入が決まってなくても自動車の買取り専門店で自動車を買い取ってもらうのが自動車の買取りです。

 

自動車の下取りにしても買取りにしても、その自動車の商品価値を調査する査定というものを受ける必要があります。

 

自動車の下取り時に必要になる書類は普通乗用車の場合と軽自動車の場合とでは若干違い下記の書類を用意します。

 

【自動車検査証(車検証)】(車検証は、常に自動車に保管する様に法律で義務付けされていますので自動車の内にあります。)と【自賠責保険証明書】に【自動車税の自動車納税証明書】(軽自動車の場合は軽自動車納税証明書(有効期限を確認すること))
【リサイクル券(預託証明書)】に【印鑑登録証明書(印鑑証明)】(軽自動車の場合は不要(発行後1ヶ月以内のもの2通)と【印鑑(実印)】(軽自動車の場合は認印で可)です。

 

リサイクル券(預託証明書)とはリサイクル料が納付されているかを確認する為の書類です。

 

自動車リサイクル法とは自動車の解体後に出る廃車クズや廃棄物などを正しく処分する為の法律です。

 

またバッテリーやタイヤ、廃油やエアコンの冷媒のフロンガスなどを正しく適正にリサイクル処理する為の法律です。

 

自動車販売業者が用意してくれる書類は下記の通りです。

 

【譲渡証明書(譲渡証)】に【委任状】と【軽自動車の場合には、自動車検査証申請書】です。

 

自動車の下取りや買取りの場合に自動車を売却する為に必要となる書類があります。

 

引越しや転居などで車検証に記載の住所と現住所が変わった場合や結婚などで姓が変わった場合などに必要になります。

 

自動車に乗っていた時に引越し(転居)をした場合には現住所の役所に請求する住民票が必要になります。

 

同じく2度の引越し(転居)をした場合には車検証に記載の住所の役所に請求する住民票の除票が必要になります。

 

同じく3度以上の引越し(転居)をした場合には本籍地の役所に請求する戸籍謄本の附票が必要になります。

 

また、結婚などで姓が変わった場合には本籍地の役所に請求する戸籍謄本が必要になります。

 

これ以外にも自動車の名義人が売主と違う場合や法人名義と違う場合などの時には別の書類が必要になる場合があります。